FC2ブログ

教育関連レポートのやる気配信所

一般書籍では決して読めることのない ネットならではの 教育カテゴリレポート配信 成績アップ、英会話上達法はコチラから♪ いじめ問題を防ぐ。緊急レポート付

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「勉強」が原因でなぜ親は子供に殺されるのか?

最近、家庭内で親子の殺傷事件が相次いで起こっています。

新聞やテレビで報道されているニュースを見ると、

「成績のことで親に注意された」
「勉強についてうるさく言われた」

など常に親の勉強に対する小言や親子の思いのギャップが主原因として取り上げられます。

しかし、勉強について、親が子供に小言を言わない家庭があるでしょうか?

そう、特別子供の成績に興味がない親を除けば、勉強について、親はなんらかの忠告、注意や意見を子供に発しています。

子供はイヤな勉強から逃げたい!
親は少しでも成績を上げてもらいたい!

この両者の立場から言えば、ぶつかって当然です。

ただ、勉強に関する小言に端を発する親子の殺傷事件が報道されると親は「もしかして我が家庭にも起こりうるのでは・・・・」と考えてしまいます。

いったい家庭内で殺傷事件が起こるのはなぜなのか?

そのことを意識して踏まえておかなければ、ただ子供を恐れ、扱いに戸惑っているようでは、あなたの家庭でも、もしかしたら事件は起こるかもしれません。

このレポートでは、奈良で起こった事件を題材に考えてみたいと思います。

限られた情報をもとにした情報発信ですから、今後新たな事実がわかって事実誤認の可能性もありますが、あえて踏み込んで意見を述べてみたいと思います。


スポンサーサイト

| 教育・研究 | 14:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dskeyko.blog90.fc2.com/tb.php/74-02a19d95

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。